2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

地震の恐怖!

2011.03.12 (Sat)

お見舞いコメント&メールをありがとうございます。
本当に嬉しかったです

埼玉県在住のけいぴ~家は、家族みんな無事ですので、
安心して下さいね。帰宅した家では、本が落ちていたり、
食器棚の中でコップが2個割れていましたが、幸いなことに
大きな被害はありませんでした。

地震は震度5強。地震時は私もパパも職場。
はるるは高校。ゆうくん保育園と家族みんなバラバラでした。

地震があった時は、私はナースステーションにいました。
最初は弱い揺れだろうと思っていましたが、段々横揺れが強くなり、
前のビルはぐにゃぐにゃに揺れていました。ビルってあんなになるの???
立っていることは出来ましたが、柱につかまっているのがやっとで、
動けない状態

新生児室 が隣にあり、揺れが少しだけおさまった時点で、
すぐに中央の一ヶ所に集めました。ガラスから離さないと…

私は、切迫ママさんの担当だったので全ての部屋に行って、
閉じ込められないようにドアをとりあえず開けながら、ママさん達の無事を
確認しました。個室のママ達は、泣いてしまうぐらい恐怖だったと思います。
部屋に設置されているテレビが、床に落ちたところもありました。

自分とお腹の赤ちゃんの身だけではなく、残してきた家族の安否で不安な様子でした。
特に小さいお子さんを親に預けて入院されている方は、どんなに心配でしょうか。
携帯もつながらないし・・・。

私も家族と連絡を取る時間がない中、ママさん達をロビーに誘導したり、
手術直後の方を安全な場所に移動したりと、走り回っていました。
不安でお腹が張ってくる方もいて、点滴を増量したりソファーを使って、
横になってもらったり布団を運んだり。
緊急停止したエレベーターがいつまでも使えないため、
ママさん達も階段で、スタッフが点滴台をかつぎながら避難しなければ
なりません。
頻繁な大きな余震の恐怖を感じながら、家族の無事を祈って仕事を続けました。

6時頃、やっとパパと携帯で連絡が取れ無事を確認。パパは友達の車に乗せて
もらって帰宅出来る事になりました。電車が動いていないので助かりました。
保育園にも電話が通じ、園児たちはみんな無事でした。少し遅れて、
はるるからメールが来て、友達のお母さんに家まで車で送ってもらうことに
なり、家族みんなの無事に心から安心しました。
パパが保育園のお迎えに行ってくれるので、8時近くまで残り
残務と、夜勤者のお手伝いをしていました。

帰ったのは9時近くになりましたが、家族全員で顔を合わせた時は、
体の力が抜け、心からみんなの無事に感謝しました。

テレビでは信じられないような光景が広がり、多勢の命や家屋が
失われています。1人でも多くの命が助かりますように。
そして、亡くなった方のご冥福をお祈りしたいと思います。

今でも体に感じる余震が、頻繁に続いています。
これから、非常食としておにぎりを作っておこうと思います。
コンビニもお弁当類は全くありません。

皆さんも、余震や津波に十分気を付けて下さい。


楽しい子育てブログがたくさんあります
            参加しています(*^_^*)
       

にほんブログ村 子育てブログへ    blog Ranking





スポンサーサイト
EDIT  |  13:59 |  助産師の仕事  | TB(0)  | CM(10) | Top↑

産婦人科外来の子供達♪

2010.02.25 (Thu)

最近書いてなかった仕事ネタを…。

普段は病棟で主に分娩・ベビー・授乳(沐浴)指導、母親学級を
担当していますが、たま~に、外来の処置室に行くことがあります。
仕事は計測(血圧・体重)モニター(児心音)の管理、採血、注射etc…。

平日の妊婦検診は、上のお子さんを預けられず、一緒に連れてきている
親子連れさんに会います。

モニターを付けている時は、20分以上ママが動けないので、
お子さんは横のイスにちょこんと座って待っています。
その姿がとってもカワイイ
ママはお子さんが飽きないように、ほとんどの方が工夫されています
努力が伝わってきますよ~。絵本を持ってきて読んであげていたり、
新しい本を買ってきたり、シールブックで貼って遊ばせたり。
普段は与えないようなお菓子(長持ちしそうなスティック飴とか)を渡したり。

何だか子連れの機内 のようです(すぐに旅行に結び付ける私(笑))

おもちゃは音が出なければOK!
でも、スーパーボールは転がるのでやめましょう!
何度も追いかけたわ~(笑)

特にゆうくん位の歳の男の子には、いっぱい話しかけちゃいます。
ゆうくんと一緒に見ている仮面ライダーWやディケイド、終わっちゃったけど
シンケンジャーで盛り上がっちゃいます。
ママとは、変身前のイケメンの話し?(笑)
私はフィリップ君とつかさ君と殿が好き~(←わかる方は仲間だわ~)

一生懸命話しをしてくれる子供達。みんなカワイイ~~~

注射や採血をされている時も「大丈夫?痛い?」と優しく声をかけてくれる子も
います。

~最近のちょっと微笑ましかった会話~

外来の診察室から一緒に出てきた親子(3~4歳の男の子)

「ママ、終わった?」

「終わったよ~、帰ろうか。」

「もう、赤ちゃん産んだの?」


「(^_^;) ママのお腹、まだ大きいよ~」と心の中の私。

忙しい仕事の中で、ちょっと大きい天使達に癒されています。


楽しい子育てブログがたくさんあります
            参加しています(*^_^*)
       

にほんブログ村 子育てブログへ    blog Ranking




テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

EDIT  |  00:30 |  助産師の仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

矛盾だらけの世の中・・・

2009.07.20 (Mon)

もうすぐ旅行だけど、久しぶりの仕事ネタ・・・。

世の中矛盾だらけで、理解に苦しむことはいろいろな所で
あるけど・・・。

今は新しい職場での助産師の仕事です(>_<)
日勤は数人しかいない助産師で、
分娩・ベビー係・乳房係に分かれます。今の病院はこの少子化時代、
うそのような分娩件数の多さで、多い時は一日10人以上
産まれることもあります。
なので、普段からベビーの数も半端ではありません。

これだけのお産件数であると、本当はあってはならないけど、
「おっぱいをきちんと見てくれなかった!」というような苦情が出てきてしまいます。
その一件の苦情によって経営者は、助産師のケア全てが日頃から満足に
されていないような言い方をしてくるのです。

助産師のメンバーで、きちんと個別性を生かしたケアが出来るように、
おっぱいカルテを見直して、とってもいいものを作りました。
さあ、みんなで充実させよう! と燃えようとすると、

「今日は助産師の数が多いから(実際は全然多くない)外来に降りて!」

という指示が出ます。
ちょ、ちょっと…外来に取られたら無理なんですけど・・・(>_<)

平気で、将棋のコマのように取られて使われてしまいます。
確かに外来も人数が少ないので、しょうがないとは思うけど、
しっかりと授乳を見たいのにそれを阻害して、何か苦情が出れば、
まるで仕事を怠慢しているような言い方をする経営者に、常に矛盾を感じます。

不足している人員を、募集すればいいのに
法律上は足りているという弁解。

ママ達の不安や心配事が、最小限となって退院出来るように、
助産師の人数がしっかりといる時には、産後のケア・指導を充実させたい!

こんな気持ちも打ち砕かれる、経営者の考え方に苦しむ毎日です


ランキングに参加中です
  ぜひ、ポッチリ押してくださいね
           ↓ 
          にほんブログ村 子育てブログへ

         blog Ranking こちらにも参加してます(*^_^*)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

EDIT  |  07:20 |  助産師の仕事  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

恐るべき職場のキングボンビー!続編

2009.06.22 (Mon)

先日、恐ろしい職場の助産師「キングボンビー」について書きましたが、

詳しくはこちら

さらに実態はこちら

毎回、毎回申し送りで会うたびに嫌な思いをしています。
夜勤専門なので、関わりはほんの数分間。でも、みんながこの数分間のために、
一日嫌な気分になってしまうぐらい 悪影響を与えています。
だから、ゲームの桃電に出てくる「キングボンビー」と一緒(笑)

この間も、今は「妊娠高血圧症候群」と名前が変わっていますが、以前は
「妊娠中毒症」なわけです。だから、申し送りの時、短く「中毒症」と言ったら、
「今は、「妊娠高血圧症候群」なんです。「中毒症」なんて言わないで下さい!!!」
怒られました(笑) って、知っていますけど・・・。

とにかく1つでも文句が言いたいわけで、しかも自分の知識を押し付ける感じと、
人をバカにしたような話し方が本当に大嫌い!
私は人それぞれ個性があるわけだから、人を嫌いになることは
めったにないけど、こんだけ大嫌いなのは久しぶりです。

年上の先輩助産師には、尊敬するところがたくさんあって、
いろいろな知識や技術をこっそり盗んだり(笑)指導してもらったり。
そんなものだと思っていましたが、あなたの真似だけはしたくないわ~~~~

今回はグチグチの日記になってしまった~(>_<) ごめんなさい!
ちょっと気持ちがすっきりしました

ランキングに参加中です
  ぜひ、ポッチリ押してくださいね
           ↓ 
          にほんブログ村 子育てブログへ

         blog Ranking こちらにも参加してます(*^_^*)


テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

EDIT  |  20:11 |  助産師の仕事  | TB(1)  | CM(2) | Top↑

Drを分娩台に挟んでしまう !?

2009.06.09 (Tue)

久しぶりに仕事ネタです。しかも失敗談!

今日は分娩当番でした。
無事に元気な赤ちゃんが誕生しました
胎盤が問題なく出た後は、Drに会陰切開の縫合をして頂きます。

ここまでは、何の問題もなく穏やかな時間が流れていました。
その間、少しだけ血液が飛んでいたので床を拭いていました。
分娩台の高さや角度などを、足で調節するペダルも汚れていたので、
乾かないうちに…と思って拭きました。

これがいけなかった・・・(ーー;)

ウイ~~~~~~~~~~~ン!

「うわ~~~~~~(Dr)

閉じてあった足側の台が、Drに向かって出てきてしまいました。
その前に座っていたDrは足台に押され、しかも後ろにあった
ワゴンに背中を挟まれてサンドイッチ状態 

慌てた私は台を戻すどころか、間違えて台が出る方をいつまでも踏んでいました

Drは、清潔な手袋をしているのでどこにも触れず、足を一生懸命伸ばして
戻そうとしていました。
そして台が無事に戻って、何事もなかったかのように再び縫い始めました。
(ちなみに、ママには全く問題ありませんでしたよ)
「すいません 」と言うと、「大丈夫ですよ~」と大人のお返事。
あ~良かった
大人ではないDrが中にはいるので、こんなことでも怒鳴ったり、怒るのよね~。

ただ、下に敷いてあるシーツが台に入り込んでしまったので、
センサーが働いてしまって、ず~~~っとアラームが鳴りっぱなし。
しかもうるさい・・・(>_<)
出そうとして動かすと、再び変になってしまうのでそのままで、続行しました。

ママさん、Dr、ごめんなさい m(__)m


ランキングに参加中です
  ぜひ、ポッチリ押してくださいね
           ↓ 
          にほんブログ村 子育てブログへ

         blog Ranking こちらにも参加してます(*^_^*)


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

EDIT  |  23:25 |  助産師の仕事  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。