2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

旅行のスタイルと旅行先の選び方

2008.03.15 (Sat)

   旅行のスタイルと旅行先の選び方

けいぴ~が以前作成していた旅行記のHPから転記しました♪
   これからも、旅行記を書いていきたいと思います。

けいぴ~の今までの旅行スタイルは、全てパッケージ旅行で、個人手配は未体験です。
個人手配は・・・  
  ・自分達のペースで自由行動ができる。
  ・他のお客さんに迷惑がかからず気兼ねしない。
  ・安い
  ・ホテルが選べる
  ・飛行機会社・便指定が出来るetc…というメリットがあります。

けいぴ~のようなパックツアーは・・・  
  ・申し込み電話一本で全ての手配が完了してしまうという簡単&便利さ。
  ・はるが12歳未満だった時は、添い寝特別子供料金(飛行機の座席のみで、
   ホテル代が入らないために安い)がある
  ・基本的に全て日程フリーのものを選ぶので、食事も行動も自由!
  ・入園チケットや、無料のオプショナルツアー、フリードリンクやワインサービス
   などがオマケで付いてくることもあるetc・・・なので、パッケージ旅行にしていました。


子供と行く場合は、子供中心のプランとなりますが、親も楽しめなくては意味がない
ですよね~。子供が喜ぶ、プール、ビーチ、動物園、水族館、博物館、テーマパークなどを
入れるとOKです。
旅行のモデルプランも、情報誌などに細かく記載してありますが、あくまでも参考として、
親や子供の好みや性格を考慮したプランを立てるのが一番だと思います。

時差 
子連れ海外旅行の悩みが時差です。人気のハワイは時差がマイナス
19時間あります(日本時間に5時間足して、日付を前の日に戻すとハワイ時間
となります)
オーストラリアは場所にもよりますが、日本と1時間しか変わらないので、到着後や帰国後に、
子供も大人も時差ぼけで悩む事はありませんでした。

時差ぼけの対策としては・・・飛行機に乗った時から目的地の時間に合わせて睡眠を取るように
心がけていればいいようです。
現地に朝や昼に着くのであれば、飛行機の中では起きていないで、なるべく眠るようにします。
現地に着いたら、眠くても我慢して夜まで寝ないでいるのが、早く慣れるコツです。
夕方・夜に着く時は到着の5~6時間前から起きていたほうが良いそうです。
大人はいいのですが子供は、なかなか思うようにはしてくれません。
うちの子も、ハワイ到着後にバスに乗ったら大爆睡でした。そのため、夜は寝てくれないだろうと
覚悟していましたが、電気を消して親も寝たら一緒に寝てくれました。
夕方散歩に行って、運動したからかもしれませんが・・・。
時差ぼけで悩まれる方は、やはり時差が少ない方が負担も少ないと思います。
    
医療 
医療水準が高く、日本人医師がいたり、日本語の通じる病院のあるところが良いと思います。海外旅行保険に加入すると、現地のオペレーターがサポートしてくれたり、お金を持っていなくても、受診できたりするサービスがあるので、必ず加入しておきましょう。


言葉 
英語圏の国だと、昔習った英語を思い出しながら、単語を並べて使うことが出来ます。
相手が何を言っているのか、なんとなくだけど理解できることもあります。
英語圏の国以外は行った事がないので、聞いた話ですが、他の言葉だと辞書を片手に、
レストランのメニューの一つ一つも検索しないといけないので大変だったそうです。
人気のハワイや、オーストラリアのケアンズでは、日本人のスタッフ(ワーキングホリデーの
学生さんなど)がいたり、日本語メニューがあったり、あまり言葉で困る事はありませんでした。

為替 
レートによって、旅行先を考える事もあります。これは、本当に運ですね。
私が最初に行ったケアンズのときは、オーストラリアドルが1Aドル64円位でした。
最近は1Aドル90円以上でびっくりしました。
早めに買ってもどんどん円高になっていく場合もあるし、逆に円安になる場合があるし・・・。
日頃細かくチェックした方がいいですね。換金場所でも、レートが違いますので、目的地別の
情報をチェックしておいてください。
     
旅行先が決まったら 
旅行会社に行ってパンフレットをもらってきます。荷物にはなりますが、決まっている
方面のものは全部もらってきます。
ただし、航空会社やホテルなどに、こだわりや条件があれば希望対象外のものは
パスしましょう(エコ)
けいぴ~の場合、写真がいっぱい掲載してある高級ツアー(?)のパンフレットを
一冊だけもらってきて、ホテルや観光場所の写真や地図などを旅行の参考にさせて
もらっています。ツアーによっては、同じ日程内容・ホテル(ルームタイプ)・航空会社でも
値段は何万円も違います。よ~~く見比べて、一番安くて、納得のいくツアーを見つけて
くださいね。 ツアーを探すことから、旅行が始まっていますよ~♪

出発の当日まで 
ホームページで最新の情報を取り入れていきます。観光に不可欠なバスが、
ストライキ中で運行中止になっていたり、行く予定だったレストランが閉店していたり
する事もあります。
短い滞在の中で無駄な時間が少しでもなくなるように、こまめにチェックして下さいね。
また、国や都市についての地理や歴史、文化を勉強することも、その国を理解する上で
大切だし、観光の時は違った視点から見る事が出来ると思います。
プランを立てる時にも、経験者のアドバイスは重要です。
感じ方や味覚などは十人十色ですが、観光地・レストラン・ホテルなどのクチコミ情報は、
必ずチェックしておいた方が良いと思います。

子連れの場合は、子供の年齢に合わせてチャイルドミールやバシネット(機内の
ベビーベット)を予約しておきます。ツアーの場合は旅行代理店を通して予約します。
予約がきちんと入っているか、便名が決まった段階で直接航空会社に確認をとるとよいでしょう。
大人の機内食も、一ヶ月前から航空会社のHPで見る事ができるところもあります。
宗教、又は健康上(食事制限、アレルギー等)の理由で特別な食事を必要とする人のために、
いろいろな特別食があるようなので、各航空会社に事前に相談しておくと良いと思います。

ランキングに参加中です
とっても励みになります。ぜひ、
  クリックをお願いします!
        ↓ 
   

    blog Ranking こちらにも参加してます(*^_^*)
スポンサーサイト

テーマ : 旅行の計画 - ジャンル : 旅行

EDIT  |  01:40 |  子連れ海外旅行の準備編1  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。