FC2ブログ
 2012年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月 

アメリカ旅行中の事故を振り返って

2012.05.08 (Tue)

ページの町に宿泊して、ホームセンターで購入した2つのスーツケース に
入れ替えることが出来ました(お値段は50ドル・70ドルでこれも請求しました)
4つのスーツケースは全て処分になります

特にグレーのスヌーピーのスーツケースは20年間使用した思い出の
スーツケースです。傷だらけだけどタイヤやカギの部分など全く問題はなく、
旅行の時は必ず持って行きました。いつも一緒でした。
そんな家族の思い出がいっぱい詰まったスーツケースを、アメリカに
捨ててこなくてはいけないなんて夢にも思いませんでした。

ゆうくんのお気に入りのカーズのキャリーもぐにゃっと折れ曲がり、
処分することに (>_<) でもゆうくんの大事な弟分である、ダッフィーを
守ってくれました。

ホテルのフロントのお姉さんが、4つのスーツケースを快く引き取ってくれました。
これも病院の事務さんが事故のことを詳しく伝えてくれていたからです。
ひどい状態のスーツケースを見たお姉さんはかなり驚いた表情
されていました。
「家族の思い出のスーツケースです・・・」というと私と主人にハグをして、
「これから新しい、いい思い出をたくさん作ってね!」と言ってくれました。
この時に初めてうるっ としてしまいました。
緊張の糸がこの時にプッツリと切れたような感じです。

飲酒運転ドライバーの事故で大切な家族を失われた方、大けがをされて
今でも苦しんでいる方がたくさんいると思います。
私達は幸いにも大きなけがもなく、旅行を続行することが出来ました。
でも一歩間違えば、対向から大型トラックが来て正面衝突をしていたら、
家族全員の命が危なかったかもしれません。

もし私達があの時、前のツアーワゴン車を抜いていたら事故は避けられていたと
思います。何で抜かなかったのだろう・・・と後悔の念に押し潰されそうに
なったのは事実です。
でも抜いていたら、このワゴン車に乗っていた3列目シートの3名は重症、もしくは
亡くなっていたと思います。
あのハードのスーツケースや車のトランクが押し潰されるような衝撃が、
まともにあるわけですからね(>_<) 考えただけでも恐ろしいです!

私達家族は、3人の命を守ったんだ!って考えるようにしています。
そう考えないと、悔しくて(>_<)(>_<)(>_<)

無事は嬉しいけど、飲酒運転さえしないでくれれば私達の事故は
ないものだったのです。運転ミスであればまだ納得出来ますが、
飲酒運転は絶対に許せません 謝罪の言葉も全くありません。

長年の夢だったモニュメントバレーまであと一歩!というところでした。
予約した日からずっと宿泊を楽しみにしていた「ビューホテル」にも
行けませんでした
でも、いつか家族で行きたいと思います
同じ道路を通ることはないと思いますが(笑)

M.jpg

この場所で写真を撮りたかったな~


翌朝はアリゾナ州にある巨大な隕石孔(バリンジャー・クレーター)へ向かいました


楽しい子育てブログがたくさんあります
            参加しています(*^_^*)
       

にほんブログ村 子育てブログへ    blog Ranking


スポンサーサイト



EDIT  |  23:43 |  アメリカ旅行’10  | TB(0)  | CM(6) | Top↑
 | HOME |