2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

レーシック手術無事終了しました♪手術レポです!

2010.01.10 (Sun)

昨日、無事にレーシックの手術を受けてきました♪

レーシック適応検査の様子はこちらへ

予約時間に受付に行くと、待合室で待っていて下さいと案内されました。
手術当日検査と術後検査の14階待合室には大勢の人がいました。

すぐに呼ばれると、名前と生年月日を自分から言って確認します。
適応検査から手術当日までの間に、眼の状態や視力に変化がないかの確認です。
特に変わりなしということでホッ。
先にお支払いなのですが、クレジットカードでもOK!
Zレーシック 5万円引きで17万円です。

会計が終わると10人ほどまとめて呼ばれます。スタッフの方に付き添われて、
エレベーターに乗って13階の手術フロアへ・・・。

みんなの緊張感が伝わってきます。終始無言・・・(ーー;)

エレベーターを降りると、薬品の香りが漂っています・・・。
うわ~怖いよ~~~~ 
普段仕事で病院にいるから慣れているはずなのに、いつもと全然違った感覚です。

清潔エリアなので、スリッパに履き替えます。荷物をロッカーに入れてから、
椅子に座って少しの間待っていると、診察室に案内されます。
4人の眼科の先生がずらりと並んでいて、一人ずつ呼ばれて前に座ります。
最終の眼のチェック。不安なことがないか聞いてくれます。
その後は、使い捨ての手術用キャップを付けて隣の待合室へ。

たくさんの方が座っていました。ピーンと張りつめた空気!もう緊張感はMAX!
隣に座っていた女性は、はぁ~・・・、はぁ~・・・と大きなため息を何度も
していました。みんな同じなのね。

名前を呼ばれると、説明をして頂きながら3種類の目薬を
付けてくれます(充血予防、抗菌剤、麻酔薬)
そしてスタッフの方と一緒に手術室へ。たくさんの部屋が並んでいます。
面接のように、部屋の横にイスが3つ並んでいてそこに座ります。
そして、いよいよ私の番。

部屋に入ると狭い部屋にずらりと並んだ機器。真ん中にベットがあります。
その向こうに4~5人技師さん?が並んでいて「よろしくお願いします!」とあいさつ
してくれました。ドキドキ
寝ると、シーツを首までかけられてミイラのようになります(笑)
頭の位置を固定。担当の先生が、「OOです。よろしくお願いします」と言って
くれます。でも、機械で顔が見えない~~。
消毒のあと、上を向いて~下を向いて~とテープでまつ毛を固定。
顔にシーツがかかっていよいよ開始です。

まばたきをしないように、開眼器でばっちり固定されます。麻酔のおかげで、
全く感覚はありません。まばたきが出来ない辛さもなし!

麻酔の目薬や消毒がたっぷり目にかかって、機械が目に近づきます。
緑の光が見えます
ググググっと眼球を固定されたようで、強い圧迫感があります。
「緑の点滅をずっと見ていて下さいね」と声がかかって、ジッと見つめていました。

レーザー照射でフラップ(角膜に作るフタ)の作成です。一瞬で終わった感じです。
フラップを器具で開いて、その部分に適応検査での詳細なデータをもとに、
エキシマレーザーを照射します。その時間わずか9秒?(技師さんが数えていました)
屈折矯正が行われます。
フラップを戻して、消毒・洗浄をしてもらって終了です。この間も全く痛みや不快感はありません。
点滅を見ていただけの、あっという間の出来事でした。

反対側も同様の処置をして無事に終了。ちょっと痛かったのは、まつ毛のテープをはがした時(笑)
フラップを作成中に、一瞬緑の点滅の光が消えます。「あれれれ?」という感じでした。
取りあえず、あった方向を見るようにしました。反対側をする前に、先生に
光が見えなくなったことを伝えると、「大丈夫ですよ~」と言ってくれました。
反対側をする時は、「徐々にみえなくなりますよ~、今見えていないけど大丈夫ですからね」
と言ってくれました。最初から言って欲しかったよぉ~~~
でも、後で読んだパンフレットにきちんと書いてありました

暗い部屋に案内されて、マッサージマシーンのようなソファーで休みます。
15分ほど目を閉じるのですが、涙成分が減少するために、絶対に寝ては
いけないそうです。
休んでいると、右眼がシクシクと痛みが出てきました。ちょうどその頃に、
スタッフの方が点眼に回ってきてくれます。痛み止め(麻酔薬)をしてくれると、
すぐに痛みは消失しました

その後に別室で術後の検査です。少しモヤがかかっているけど、視界がはっきり見えています。

「うわ~~~~~見えてる~

きっとみんなも無言だけど、本当は飛び跳ねたいくらい嬉しいんだろうな~~~~。

検査では「術後の経過は順調ですよ!まったく問題ありません」と言ってくれて安心しました。
保護用のメガネ、点眼薬4種(抗菌剤、麻酔薬(痛み止め)、水分保持)、
内服薬、就寝時のプラスチックの保護眼帯、テープなどをもらって説明を受けたあと、
帰宅となります。
さっそくビルから出る前に、保護用のメガネをします。紫外線や風から守ってくれます。
痛み止めの点眼は、1時間あけないといけないのですが、40分ほど経ってくると特に右の方が
シクシクしてきます。ちょっと早いけど点眼。ス~~~っと痛みがなくなります。
「魔法の薬だわ~

他の点眼薬は就寝まで1時間間隔でしなければいけません。電車に乗っている1時間の間にも
点眼の時間があるので、駅に停まっている時に急いで点眼。
また、乾いた感じがしたら潤す点眼もしなくちゃいけないし、痛み止めも時間を
確認しながらしなくちゃいけないので忙しかったです。
時間とともに、痛みが弱くなって時間も少しずつあいてくるようになりました。
でも、寝るまで続いていました。
すっかりモヤも取れて、視界がクリアになっています。葉っぱの一枚一枚がくっきり。
今までのコンタクト生活よりも見えている感じなのは確かです。

私の視力はいったいどれぐらいになったのかしら~~~~~?
翌日の検査までドキドキです。
次回は翌日の検査報告をしますね

いつも読んで頂いてありがとうございます

            参加していますので、ぜひお願いします (*^_^*)
       

にほんブログ村 子育てブログへ    blog Ranking


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

EDIT  |  22:10 |  レーシック  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。