2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

アメリカ旅行中、レンタカーに車が追突!炎上 !

2012.04.25 (Wed)

アメリカ旅行記・・・忘れてました(ーー;)

2010年6月に家族でロサンゼルス~グランドキャニオン~
モニュメントバレー~ロサンゼルス5泊7日のレンタカーの旅

(詳しくは左のカテゴリー「アメリカ旅行記」をクリックしてね

グランドキャニオンを出発し、アリゾナ州のページの町にある
アンテロープキャニオンの素晴らしい世界を満喫したあと・・・

 こちら
172_20120424230532.jpg

205_20120424230532.jpg


私がこの旅行で一番楽しみにしていた西部劇の世界である
モニュメントバレーに向かいました。ここはロサンゼルスから出発して、
折り返し地点となります。

2009年(旅行の前の年)にオープンしたばかりで、この日の宿泊予定
だった「VIEW Hotel(ビューホテル)」は早期の予約だったので
一番人気の「スタービュールーム」が取れていました。
三階建ての三階でバルコニーに屋根がないので、満天の星空を眺めながら
過ごすことが出来ます。

ホテルのHPからお借りしました。ホテルの外観。
景観を損なわないように、壁の色が周りと溶け込んでいます。

homeimage.jpg

バルコニーからの景色 ホテルのHPからお借りしました。

Balcony_DSC_0093_640_401.jpg


ページの町から車で2時間ほどで到着します。
その前にショッピングセンターで軽食と飲み物を購入して
ガソリンを満タンにしてからいざ出発!私が運転です。

出発して15分ほど。周りには何もない果てしなくまっすぐの道路。
1車線で対向も1車線の道路です。
ここは最高時速100kmほどの(^_^;)普通の道路なのですが、
前を走るワゴン車がノロノロ運転で50km/時で走っていました。
ツアーの車なのか、3列目の席にも3人座っており説明を
受けている感じでした。

すごく迷惑・・・

追い越そうと思うと追い越し禁止のライン
OKのラインに変わると、私の後ろの車が私と前の車を2台抜きにして
いきます。もう

そんなことを何回か繰り返していた時・・・


どーーーーーーーん

ものすごい衝撃を後ろから受け、ハンドルのコントロールを一瞬失いました。
右に向いたり左に向いたり

でも、対向車が来ていないととっさに判断し、車を真横に向け思いきりブレーキ!

車は何とか止まりました

当時4歳だったゆうくんはがっちりとチャイルドシートに固定されて
いて無傷でしたが、あまりの恐怖に大泣き

はるるは背中に強い衝撃を受けて「痛い・・・」と。

パパは左のまぶたから血がにじんでいます。日本から持参したルームミラーが
衝撃ではずれてパパのメガネに直撃!
眼鏡が割れてまぶたを切ってしまったようです。場所が悪かったら、眼球に
刺さっていたかも 本当に不幸中の幸いです。

私は全く無傷でした。

すぐに他のドライバーの方々が救援に来て下さいました。
救援義務があるとはいえ、温かい言葉をたくさんかけて頂き、
どんなに心強かったことか…。本当に感謝しています。
お礼をきちんと皆さんに言えなかったことが今でも後悔です。

後部座席のドアが一部分押しつぶされて開かなくなっていたので、
泣き叫ぶゆうくん、恐怖で顔が引きつっているはるるを前のドアから脱出
させました。

優しいおじさんが、軽トラックの荷台に私達を座らせてくれて、
ミネラルウオーターのボトルを差し出してくれました。

両車線をふさぐようにど真ん中で停車している私の車で、全ての車が
ストップして渋滞になっていました

ぶつけたドライバーはどこだ
車にはいないので、どこかにいるはず
謝りにもこないし

そう思っているうちに、加害者の車からモクモクと黒煙が

私の車から少し離れていましたが、こちらの車も燃えちゃったら大変!
と考え、
「パパ!車から私のバック取ってきて!!!」
と無茶なお願いをしました(笑)だって全財産、全員のパスポート、
レンタカーの書類、旅行保険、eチケット(航空券)と全てがそこに
あるからです。
パパが急いで取りに行こうとすると(後からパパに、加害者の車が
爆発しそうで本当は怖かったと聞かされましたごめんね

他のドライバーが「ストップ!ストップ!」と止めます。
その中を私のバックだけではなく、自分のとはるるのバックまで
取ってきてくれました。ありがとう

でもこの行動がなかったら、私達のこの後が全く変わっていたと思います。
本当に良かった

そして煙が多くなっていき、とうとう加害者の車に火が出て
消防車 が到着する頃には、全焼してしまいました。
映画のような光景に、目が点になっていました。
続いて救急車 と何台ものパトカー も来て、
ものすごい事故になってしまいました。

取りあえず、はるるやゆうくんのムチウチや打撲の有無、パパの切り傷が
心配なので救急車に乗ることに。
人がいっぱいいすぎて、最後まで加害者が誰なのか分からず…

はるるはムチウチが心配で担架に乗せられて、頭まで固定されてしまいました。
ただでさえ大嫌いな病院へ救急車で、しかも異国で行くはめになるとは

事故現場にレンタカー(私の車は煙なし)と貴重品バック以外の荷物を残し・・・

救急車でページの町の大きな病院 に搬送されるけいぴ~一家でした。


長くなりそうなので、救急車の中~病院編の続きは次回で



楽しい子育てブログがたくさんあります
            参加しています(*^_^*)
       

にほんブログ村 子育てブログへ    blog Ranking



EDIT  |  00:16 |  アメリカ旅行’10  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。