2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

外来の悪夢

2008.06.27 (Fri)

今日は妊婦健診担当でした。いつものように混んでいたのですが、
外来にいて、ちょっと思ったことを書いてみます。

病院での待ち時間って、皆さんはどうやって過ごしているのでしょうか?
やはり、子連れだとのんびり待合室で本を読むというのは出来ないですよね~。
子供にも限界があると思います。たいくつさせないようにするのには、
お母さんも忍耐と努力がいります

産婦人科は、特に待ち時間が長い所が多いと思います。
上のお子さんが幼稚園や保育園だと、行っている間に終わらせようと
しますが、あまりにも時間がかかって、終るか心配になってしまうママも
多いのではないのでしょうか?

やはり今日も、いつものように時間がかかってしまって、最大2時間待ち…
気持はいつもあせっているのに、思うようにいかないのが外来。

私は勝手に「外来の悪夢」と呼んでいます。

今日は、お産や処置の先生の手が足りないため、外来をやりながら、
先生が移動するために外来はそのたびにストップ…。

予約の患者さんだけではなくて、マイナートラブルで来られた妊婦さんや、
お産後のママ。また、陣発なども同じ診察室になるのでそのたびに
予約の妊婦さん達が後回しに…。

名前をお呼びした時の、疲れ果てた表情が見ていてつらいです。

「予約の時間をとっても、これじゃあ意味がないとおもうけど…?」
と、今日お叱りを受けました。ご、ご、ごめんなさい。でも、私はどうにも出来ないの。
ひたすら謝り続ける私…。

たまに「お待たせしました」と言っても、怒って返事をしない妊婦さんもいます。

でも、これはお互い様なんですよ。
ご自分が具合が悪くて受診する時や、お産、緊急手術になった場合は、
予約をとっている検診の妊婦さんがその間待ちます。

元気な我が子が抱けるのは、それを陰ながら支えてくれているのは、
貴重な時間を潰して待って頂いている他の患者さんでもあることを、
覚えておいて下さいね。


ランキングに参加中です
とっても励みになります。ぜひ、
  クリックをお願いします!
        ↓ 
   

    blog Ranking こちらにも参加してます(*^_^*)


テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

EDIT  |  23:04 |  助産師の仕事  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●本用に!

どうして、ドクターは時間にルーズなんでしょう。時間どうりに診療を開始したためしがないですね。普通の会社勤めの会社員なら、仕事の10分まえには、机についてるはずです。そこから、考えがすべて、ずれていると思います。現に私達ナースはちゃんと時間どうりに仕事に来ているのですから。外来の業務も改善しないと、この問題は永遠に続くとおもいます。でももう、なんかひらきなおっている自分もいますけどね。外来は病院の顔なのだから、院長はもっと重要視すべきですね。まずは自分からね。昨日はいきちがいで、失礼しました。洗剤とか安かったので今日もう一度行こうかなと思っています。
MWヨッシー |  2008.06.28(土) 08:39 | URL |  【編集】

●MWヨッシー さんへ

いつも、コメントをありがとうございます。
本当に、どこでもそうですね。

だいたい、外来中にトイレに行くって言って、どうして30分も平気で
戻ってこないのでしょうか?(いましたね、そんな父娘ドクター(笑))

普通の社会では通用しないですよね。
でも、従業員には厳しいのだから、おかしいです。改善されることは何もないですね。
これから先も…。

昨日は、洗剤の安さに思わずたくさん買ってしまいました。高いけど、買ってしまう
「アジエンス」のシャンプーも安かった~~~。
土日は混みそうですね。でも、こんなお店が近くにいっぱい出来てくれると、
本当に有り難いです。ガソリン代もバカにならないですからね。
けいぴ~ |  2008.06.29(日) 10:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。